Hiratake Web

2023年に食べに行ったラーメンまとめ

投稿した日
更新した日
書いたひと
Hiratake

2023 年は ラーメンを 28 回食べに行きました 。実家を出て大阪に来て、初めてのひとり暮らしを始めて 5 年目になり、ようやく生活にも慣れて切り詰めた自炊だけでなく外で食事をする機会をつくろうと動き出した今年。ファミレスなどと違いラーメン屋さんはひとりで訪れるお客さんも多くいるので私もひとりで店に入りやすく、外で食事をする際にラーメンを選択することが多かったです。

そんな食べに行ったラーメンの中からいくつかのお店をピックアップして 2023 年に食べに行ったラーメンまとめということで書いていこうと思います。

8番らーめん犀川大橋店のらーめんの写真

今年最初に食べたラーメンは、石川県金沢市にある 「8番らーめん 犀川大橋店」のラーメン 。お正月に帰省した際に食べに行きました。以前あったとんこつ味が終了し 4 種類となった野菜らーめんの、味噌です。ややピリ辛な野菜ラーメンの味噌は、冷たくつよい風が吹き荒れる日本海側の天気の中でも身体をあたためてくれます。

普通においしいしまずいわけではないのだけれど、正直特別おいしいラーメンというわけでもない。けれど、どうしても時々食べたくなる 8 番らーめんの野菜ラーメン。なんでやろ…。

らーめん錦のらーめんの写真

こちらは春頃に京都を訪れた際にいただいた 「らーめん錦」のラーメン 。特に行く店を決めずに京都の街をうろついていたときにたまたま見つけて入店。京都らしい雰囲気のある、厨房がよく見えるカウンター席が 7 席ほどのこぢんまりとしたお店でした。

ラーメンはもちろんおいしかったのですが、お店の外観や店内の洗練された雰囲気、目の前で行われる調理の様子など、高級感のある空間を楽しむという体験が非常に良かったなと感じました。

麺処寅路のらーめんの写真

続いては山梨県富士吉田市にある 「麺処寅路」のラーメン 。富士急行線の富士山駅から金鳥居の前を通り、しばらく歩いたところにあります。今年 4 月に山梨県へ旅行に行き、その際に訪れました。

11 時ちょうどくらいというお昼ご飯にはやや早めの時間の訪問ということもあり、店内には自分を含め 2 人ほどしかお客さんがおらず、落ち着いて食事ができました。なんだか味が濃そうな見た目でしたが、意外とあっさりしていて最後までおいしくいただけました。

中華そば桐麺の中華そばの写真

こちらは大阪・十三にある 「中華そば 桐麺」の中華そば 。大阪でも屈指の有名店で、今年の 7 月に本店が移転のため閉店、十三の店舗もリニューアルのため一時閉店されるということで、前々から気になっていたこともあり閉店前に一度訪れることに。

事前に記名して、開店時に店の前へ戻って来る的なレビューが Google マップにあったので、開店 1 時間半前に名前を書きに向かうなどしました。既に 4 名ほどの名前が書かれていて、人気店はすごいなあとなったのを覚えています。

麺と生卵だけのラーメンが話題となったそうですが、初訪問だったので一番目立つ位置に掲載されていた「中華そば」を選択。つけ麺を注文されている方が多かったですが、中華そばも非常においしかったです。

らーめん鱗西中島店のらーめんの写真

こちらも同じく大阪で食べたラーメンです。多くの飲食店が集まる大阪の中でもラーメン激戦区と言われる西中島エリアにある 「らーめん鱗 西中島店」のラーメン

塩らーめんが基本の商品とのことなので、味玉の乗った塩らーめんを選択。塩ラーメンというとなんとなく薄味なイメージがありますが、しっかり濃い目の味のするスープでした。今年食べた塩ラーメンの中ではダントツでおいしかったです。溜り醤油のラーメンもあるようで、そちらも気になります。

煮干し一直線のらーめんの写真

最後は奈良県にある JR の王寺駅・近鉄の王寺駅と新王寺駅の近くにある 「煮干し一直線」のらーめん 。クレジットカードにも対応したハイテクな機械で食券を購入し、列に並んで待ってからいただきました。

豪華な見た目のラーメンは、しっかりと煮干しが感じられて非常においしかったです。3 枚入っている大きくて分厚いチャーシューはかなり食べごたえがありました。


他にもいろいろなお店へラーメンを食べに行きましたが、全ては書ききれないので一旦ここまで。

普段記事を書くときにも何度も思いますが、食事の感想を書くのってめちゃくちゃ大変。語彙力が足りないし、食事の経験も足りないなと実感。そういうスキルも鍛えつつ、来年もいろいろなラーメンを食べに行きたいです。