Hiratake Web

初めての特急サンダーバードのグリーン車乗車をしてきた

投稿した日
更新した日
書いたひと
Hiratake

JR 大阪駅と金沢駅とを、わずか 2 時間半ほどの時間で結ぶ特急列車「サンダーバード」。今年 3 月の北陸新幹線金沢~敦賀駅間開業に伴い、これまで金沢まで走っていたサンダーバードは敦賀までの運行となります。石川県からサンダーバードに乗車できるのも残りあとわずか、せっかくなので これまで乗車したことのなかったグリーン車を利用してみる ことにしました。

訪れたのは石川県の県庁所在地で北陸三県の中で最大の都市・金沢。厚い雲に覆われたどんよりとした空模様と冬なのに湿度が高くて冷たい空気に、冬の北陸らしさを感じます。

金沢駅の写真

関西にいる知り合いへのお土産を買うなどしつつ、自動改札機に切符を投入し特急列車が発着するホームへ。グリーン車は最後尾の車両 1 号車、ホームの上の方にある案内表示には四つ葉のクローバーのマークが描かれています。

しばらく待つと、乗車する特急列車が駅へと入ってきました。金沢駅にサンダーバードがやってくるのも残り少ないこともあってか、写真を撮影している方の姿が多く見られました。

特急サンダーバード号が停車するホームの写真

通常の車両が通路を挟んで左右に座席が 2 つずつの 2 列 + 2 列なのに対し、グリーン車では 2 列 + 1 列と余裕のある座席 になっています。乗客は私を含めて 5、6 人ほど、大きめのキャリーバッグを持った方がほとんどでした。

特急サンダーバード号グリーン車の写真

座席はなんとなく和の雰囲気が感じられるような高級感のあるもので、頭が触れる枕の部分は赤色になっています。各座席には足を乗せられるフットレストやコンセントがあり、ゆっくりくつろぐも良し、パソコンやスマートフォンを使って作業するも良しといった感じ。

特急サンダーバード号グリーン車の写真

あまりにも座り心地が良すぎて気がついたら眠ってしまっており、景色を楽しむ時間があまりなかったのが少し残念ではありますが、初めてのグリーン車ということでいい体験になりました。

次に北陸へ向かうときには大阪から敦賀まではサンダーバードもしくは新快速、そこから先は北陸新幹線での移動になると思います。いつの日か、お金をためて北陸新幹線のグランクラスも利用してみたいところです。