Hiratake Web

年間1230万本も売れているドン・キホーテの焼き芋を食べる

投稿した日
更新した日
書いたひと
Hiratake

焼き芋、おいしいですよね。ご存じの方も多いとは思いますが、全国に店舗がある「ドンキ」の略称でおなじみ驚安の殿堂「ドン・キホーテ」には 焼き芋が売られています 。年間 1230 万本も売れているらしい。

レジ横あたりに置いてある、 なんだか熱そうなケースに入ったドンキの焼き芋 を、1 月のやたら寒い日に買って食べました。私が買ったときのお値段は 250 円ほどでしたが、店舗や時期によって値段が違うらしい。

紙袋に入った芋をレジに持っていくの、個人的にわりと勇気が要るなあと焼き芋の入ったケースの前を行ったり来たり 3 往復くらい。ようやく決心し、一番手前にあった芋をやけどしないよう気をつけながらサッと手に取り、レジへ。無事購入できました。

ドン・キホーテの焼き芋の写真

先刻までアツアツのケースに入っていた焼き芋はホカホカで、 しっとりというかねっとりとしている感じの芋 。パサパサはしていません。 非常に甘くておいしい焼き芋 です。よく焼かれたパリパリの皮は当然焦げの苦みが多少ありましたが、そこが焼き芋感あって良いですよね。

ケースには「焼き芋マイスターが焼いています」的なことが書かれた案内があり、選ばれしスタッフがおいしく焼き上げているらしい。焼き芋のプロ、なんかかっこいいぞ。

購入したのが夜で、もしゃもしゃ歩きながら食べていたので気づかなかったのですが、紙袋の真ん中に「OPEN」の文字とミシン目がありました。紙袋の上の開いている部分から取り出して食べていたのですが…どうも間違っていたらしい。購入される場合はお気をつけください。

ドンキの焼き芋は 1 年中買うことができるそうなので、気になる方はお近くの店舗で探してみてはいかがでしょうか。おいしかった🍠