Hiratake Web

ベトナムで飲まれているコーヒー「エッグコーヒー」を飲む

投稿した日
更新した日
書いたひと
Hiratake

先日 「エッグコーヒー」というベトナムで飲まれているコーヒー を、初めて飲みに行ってきました。私は趣味で Google マップを眺めることが多いのですが、たまたま広告としてエッグコーヒーを提供するお店が表示されたことがきっかけで飲みに行ってみることに☕

場所は大阪市淀川区、 阪急十三駅から徒歩 10 分ほどのところにある「NANA&T CAFÉ」 というお店。活気ある商店街の中にあり、最近できたばかりのお店のよう。1 階にカウンター席がいくつかあり、私はこちらの席を利用させていただきましたが、2 階にも飲食できるスペースがあるようでした。

お店の方はベトナム出身の方のようで、一生懸命日本語で応対してくださいました。少し分かりづらいところもありつつも、非常に丁寧な接客でした。私は日本語以外話せないので、他の国の言葉を話せるってだけでめちゃくちゃすごい。

メニューを見るとエッグコーヒー以外にも様々な種類のコーヒーが並んでおり、ほとんどがあまり馴染みのないもの。「抹茶ココナッツ」のところに「おすすめ!」とあったのでそちらも気になりましたが、お店の方におすすめをお聞きしたところやはりエッグコーヒーを飲んでみて欲しいとのことだったので、 エッグコーヒーをいただきました 。お値段は 400 円、支払い方法は準備が間に合っていないらしく訪れたタイミングでは現金のみでした。

エッグコーヒーの写真

席で待つこと十数分、丁寧につくられたエッグコーヒーが運ばれてきました。コップの下半分がコーヒー、上半分がエッグクリームとなっていて、 コーヒーとエッグクリームはほぼ半々くらい な感じ。表面にはなにやら模様が描かれています。一緒にトレイに乗っていた、氷と一緒にグラスに入っている黄色い飲み物はレモングラス?のお茶とのこと。

運んできてくださったお店の方が、そのままエッグコーヒーの飲み方の説明をしてくださいました。上のエッグクリームを全部飲んでしまわないよう留めておいて、下のコーヒーを飲んでいく…みたいなことをおっしゃっていて「???」となったのですが、飲んでみるとたしかにその通りで、実際に飲んでみないと説明だけでは理解が難しい感じがありました。

コップを傾けると、当然上に乗っているエッグクリームが真っ先に口の中へと入ってこようとするのですが、更に傾けると 甘いエッグクリームの下からコーヒーが流れ込んでくる 感じ。自分が不器用なだけかもですが、これが結構難しい。上のエッグクリームはかなり甘く、下の苦いコーヒーと相性はバッチリです。下手くそすぎて、2 回に分けて交互に口に入れる感じになってしまいましたが…マジで難しい。

飲み終わった頃にお店の方が話しかけてこられて、ベトナムのコーヒーについての話をしてくださいました。エッグコーヒーはどちらかというと特別なコーヒーらしく、一般的に飲まれているのはブラックコーヒーとのこと。私は基本的にはミルクなどが混ぜられた甘いコーヒーしか飲めないのですが、おすすめされると気になってきます。

他のメニューの多くはテイクアウトもできるようなのですが、こちらのブラックコーヒーはテイクアウトができないそう。気になる飲み物が他にもたくさんありますが、次に店内で飲食することがあればブラックコーヒーに挑戦してみようかな…。

初めてのエッグコーヒーでしたが、面白い体験でした。以前ベトナム料理店で練乳の入ったコーヒーを飲みましたが、それとはまた違った感じでした。十三のあたりを訪れる機会があればぜひ。