Hiratake Web

仮想通貨を買って失敗したときの話

投稿した日
更新した日
書いたひと
Hiratake

ビットコインやイーサリアムなど、一時期大きな話題となった仮想通貨。価値が高騰し大きな利益を得た人がいたり、仮想通貨のマイニング用にグラフィックボードが需要が増えて価格が高騰したりと、ニュースで取り上げられることありました。

そんな仮想通貨の中で最も有名もののひとつであるビットコインが高騰した 2017 年末頃、当時学生だった私は同級生と一緒に 「話題になっているから」と安易にビットコインに手を出し 、そして 数日後に価格が暴落する という体験をしました。アルバイトなどを一切していなかった学生の頃の私にとって、そこにぶち込んだ 2 万円というお金はかなりの大金でした。

そんな失敗があったにも関わらず、懲りない私は社会人になってから知り合いに勧められて、それまで 聞いたこともなかった仮想通貨に手を出し 、そして 再び数日後に暴落して価値が半分以下になる という体験をしました。とりあえずこれくらいといってぶち込んだ金額は 5 万円。それが半分以下になって悲しい気持ちになりました。まあ、話のネタにはなりましたが。

幸い、学生の頃に買ったビットコインも社会人になってから勧められて買った仮想通貨も、焦って暴落直後に全部売るみたいなことはしなかったので、先日ずっと放置していたそれを思い出して見てみれば合わせてプラス 1 万円ほどにはなっていました。

結果的にはなんとかなりましたが、自分には合わないなということで全て日本円に戻して当分関わらないことを決めました。

結局、 話題になっているときというのはみんなが注目しているとき で、それは 「欲しい」と考える人がたくさんいるタイミング なわけで。「欲しい」と思う人が多ければ多いほど、モノの価値はその分だけ上がっていきますから、「話題になっているから」という理由で手を出して損をするのは、少し考えれば分かることだったなあというお気持ち。

仮想通貨とか、メタバースとか、Web3 とか、そういった類のものに全く興味がないわけではないけれど、ずっと関連する情報を収集し続けるとか、それを使った事業やサービスをやろうとか、そういった 熱量が無い私が安易に手を出していいものではなかったのかな と思います。

そういった熱量がある人が、注ぎ込んだ熱量の分だけ順当に成果を挙げられる性質のものな気がします。

流行っているものに触れてみることも重要なことではあるけれど、触ってみた結果あまり興味を持てないと感じたものに大金を注ぎ込んだり、貴重な時間をひたすら使い続けたりし過ぎないようにしたいものです。