Hiratake Web

カップヌードルよりウマいらしいカレーメシを食べる

投稿した日
更新した日
書いたひと
Hiratake

先日、日清食品から発売されている「カレーメシ」を食べました。コンビニのインスタント食品売り場をのぞくと、カレーメシをはじめとした 日清食品のカップメシシリーズが棚の一列を占領している のをよく見かけていたので、気になっていました。あと「ゆるキャン△」とコラボもしてたし。

カップメシシリーズにはシーフード味のものがあったり、バターチキンカレーやキーマカレーのもの、ハヤシメシなるものがあったりと種類が豊富ですが、今回は 一番スタンダードっぽい感じの「カレーメシ ビーフ」を購入 しました。

パッケージには「カップヌードルよりウマい!!(自称)」の文字が。カップ麺ですらこれまでの人生で両手の指で数えられるほどしか食べた覚えがないので、カップにお湯を注ぐだけで作れるカップメシがどのようなものなのか、全く想像がつきません。「カレーライス」ではなく「カレーメシ」と名付けたのは一体どうしてなのか、気になります。

カレーメシの写真

外側を包んでいたビニールを剥ぐと、もうカレーっぽい香りが漂いはじめました。結構においが強め。朝から食べるものではなかったかもしれん。

作り方は非常に簡単で、 フタを半分ちょい開けてお湯を注ぎ 5 分間待ってやったらぐるぐると混ぜるだけ です。お湯を注いで 5 分待ってからフタを開けたときには「あまりカレーっぽくないな?」という感じの薄い色をしていましたが、ぐるぐると混ぜているうちに徐々にルゥが溶けてカレーらしいとろみが出てきました。

カレーメシの写真

食べる直前にぐるぐるとかき混ぜるように書かれていたので、混ぜ終わったあとでさっそく食べてみること。ひと口目を食べた感じは、「カレーの味はするし米も入っているけれど、カレーライスとは違った食べ物だな」という印象。カレーライスよりルゥの比率が大きいし、ふかふかの米にルゥがかかっているという部分も違うし、全体的に謎のシャキシャキ感があります。

最初は 「まあ普通においしいけど中毒性があるっていうほどか…?」 と思いながらジャンクさの権化みたいなカレーメシを食べていたはずなのに、 気づけばカップの中が空になっていました 。怪しいものは入っていない? 合法??ほんまか???

普段カップに入ったお湯を注ぐだけのものを買うことがないので、日々改良や新商品の開発を行っているんだなあと感じました。ときどきこうして楽しむのもいいかもですね。