Hiratake Web

大阪土産の定番みるく饅頭月化粧を食べる

投稿した日
更新した日
書いたひと
Hiratake

毎年多くの観光客が訪れる大阪には、お土産に買って帰るのに良い感じのお菓子がたくさんあります。そんな 大阪の定番お土産のひとつ「みるく饅頭月化粧」 を買ってきました。自分用に。箱の中に入っていた案内の紙によると「2 秒に 1 個売れている」らしい。

製造・販売している「青木松風庵」は大阪と和歌山に店舗があり、様々な和菓子や洋菓子が並んでいました。店舗によってはケーキを取り扱っているところもあるらしい。

みるく饅頭月化粧の写真

袋を開けると、まず しっかりとバターの香りが感じられました 。半分に割ると、中にはたっぷりの白餡が。ウェブサイトの案内には、

こだわりの豆を炊いた白餡に、バターと卵黄、練乳を加えて炊き上げたみるく餡

とあるので、中にはいっている白餡のほうにバターがたくさん使われているらしい。外側の皮は思っていたよりもふかふかな感じです。バターのおかげか、和菓子のような洋菓子のような、それでいてバランスがとれている優しい味。おいしい。

こういう、自分が住んでる地域のお土産のお菓子を自分で買って自分で食べることってあんまりないですよね。お店には月化粧以外にもおいしそうなお菓子がたくさん並んでいましたし、また訪れたいところです。