Hiratake Web

大阪に関西初の新店舗が開店した北九州のソウルフード資さんうどんを食べる

投稿した日
更新した日
書いたひと
Hiratake

福岡出身の友人に誘われて、先日大阪に関西初の新店舗が開店した 「資さんうどん」へうどんを食べに行ってきました 。福岡県北九州市に本店がある、「北九州のソウルフード」らしい。読み方は「すけさんうどん」。

訪れたのは、大阪市鶴見区にある「資さんうどん今福鶴見店」。Osaka Metro 長堀鶴見緑地線の今福鶴見駅から歩いて 5 分ほどの場所で、すぐ近くにはイオンモール鶴見緑地があります。

資さんうどん今福鶴見店の写真

めちゃくちゃ混雑しているという話を聞いていたので、お昼ご飯にはやや早めな 10 時半頃に訪れたのですが、オープンしたばかりということもあり 既に十数名ほど待っている方がいらっしゃいました

大通り沿いの店舗で、店内はかなり広め。1 人用のカウンターっぽい席、テーブル席、ファミレスなどでよくあるボックス席がありました。壁に描かれた資さんうどんの歴史や、レジ横にテイクアウト商品が陳列されているのを眺めていると、思っていたよりも早く席へと案内していただけました。

資さんしあわせセットのメニューの写真

注文は、席に置かれたタブレット端末から行うシステムになっていました。会話やコミュニケーションが苦手な人でも安心。タッチパネルをタッチして、メニューの 1 ページ目に載っていた 「資さんしあわせセット」を注文 しました。

うどんは「ミニ肉ごぼ天うどん」、丼は「ミニカツとじ丼」を選択。私はごぼ天が乗ったうどんを食べたことがなかったのですが、福岡ではごぼ天が乗ったうどんが多く食べられているそう。セットについている「ぼた餅」は、資さんうどんの名物なのだとか。

しばらく待つと、注文した「資さんしあわせセット」が運ばれてきました。細長いごぼ天や「資」の字が入ったかまぼこなどが乗ったうどん、美味しそうなきつね色をしたカツの乗ったカツ丼、そして名物のぼた餅、どれもおいしそう。

資さんしあわせセットの写真

テーブルには 天かすやとろろ昆布 が置かれており、それらを自由に 好きなだけうどんへ投入して食べる ことができます。他のうどん店にあまり行かないので分かりませんが、うどんにとろろ昆布ってあんまり馴染みがないなと思いながら、せっかくなので入れてみることに。

温かいうちにうどんを食べてみると、やさしい味でやわらかいうどんがおいしい。思っていたよりもとろろ昆布との相性が良くて驚きました。福岡のうどんは讃岐うどんと比べるとコシがないのが特徴とのことで、一緒に行った友人は懐かしいと言いながら食べていました。

うどんのシメにぼた餅というのも初めてでしたが、甘いものは大好きなのでおいしくいただけました。

食べ終わって外へ出ると、店の外まで長い列ができていました。人気すぎる…。気になる方はちょっと早めの時間に行くことをおすすめします。おいしかった!